ネットで買える薬と買えない薬の違い

薬事法の改正により、今までネットで購入できなかった市販の医薬品が買えるようになりました。
市販の医薬品は第一種から第三種まであり、薬事法の改正前はネットでは第一種と第二種は買うことができませんでした。
しかし薬事法の改正により、これまで薬局などでの対面販売のみであった第一種と第二種の医薬品もネットで買うことができるようになりました。
ネットで医薬品が買えるメリットは、自宅に居ながら24時間購入できることです。
このため薬事法の改正により、ほぼすべての市販の医薬品を買うことができるようになりました。
しかしほぼすべてであって、ネットで買える薬と買えない薬があります。
その違いは、病院で処方されるような成分を含んだ医薬品の販売直後は、まだネットでは買えない薬になっています。
それは販売直後であって、中にはネットで買えるようになった市販の医薬品もあります。
そのため、このような販売直後の市販の医薬品は、薬局などでの対面販売になります。
このような医薬品はネットで買えない薬になりますが、効果が高い市販の医薬品です。
そのため薬局などで対面して買うことができます。
このような違いがネットで買える薬と買えない薬にはありますが、薬事法の改正により、ほぼ第一種から第三種までのすべての市販の医薬品を買えるようになっています。