良質な通販サイトの見分け方

インターネット通販はとても便利ですが、気を付けなければいけないことはごく少数の悪質サイトがあることです。
殆どの通販サイトは良質ですがこのことを頭の片隅に置いて購入しないと、たまにトラブルに巻き込まれることがあります。

それでは、通販サイトが良質か悪質か見分けるための見分け方とはどんなものでしょうか?
まずは、特定商取引法11条に基づく表記がきちんとされているかを確認しましょう。
これを表示することは義務付けられているため表記がない場合は悪質と言えます。
次に、プライバシーポリシーを表示しているかが重要です。
商品を購入する場合、通販サイトに個人情報を教えることになるため、プライバシーポリシーが表示していない場合は個人情報を軽視する通販サイトだと見なすことが出来ます。
他にも、支払方法が多様かどうか、誇大広告があるかどうかも通販サイトが良質か悪質かの見分け方になります。
支払方法が前払いしかない場合は、代金を支払っても商品が届かないというトラブルがあるので気を付けましょう。
誇大広告がある場合は詐欺目的であったり、会社が倒産寸前で現金回収目的で、とりあえずひっかかってくれればよいという悪質サイトがあります。
そのため、価格や謳い文句に踊らされず、なぜ安いのか、本当に効果があるのか冷静に見極めることが肝心です。