買った薬が本物かどうか判断する方法

通販した薬を本物かどうか判断する方法について、紹介します。

病気などの治療薬を通販で購入するときには、正規品保証を掲げているサイトから購入します。
薬には様々な種類があり、色や形などの見た目では判断しづらい部分があります。
また本物と同じような作りで、偽物の薬もあるのできちんと見極めて購入することが大切です。

正規の値段よりも遥かに安い金額や、効能を大きくうたっているサイトは避けるようにします。
値段が安いと確かな効果を得ることが出来ませんし、偽物である可能性が高くなります。
その薬の効能や効果などいいことばかり書いてあり、副作用に関する注意点が掲載されていないサイトも怪しむべきです。
きちんと効能が説明してあり、副作用の内容や注意点が書かれているサイトを選びます。

さらに英語で書かれているサイトも、注意が必要です。
多少の英語の知識があっても完璧にその内容を理解するのは難しいですし、中国などの海外の発送元が書かれていると偽物の可能性が高まります。
代行業者の所在地や企業名もきちんと確認して、本当に存在しているのかも確認します。
問い合わせ先がメールだけだったり、携帯電話しか書かれていないときも注意が必要です。