IIEF-5で被災地に薬が必要かわかる

IIEF-5は、EDを発症させているかどうかを確認するための問診票のことを言います。この問診票があれが被災地であっても精神的なストレスなどによって薬が必要な状況かどうかが把握できるのです。
EDは勃起障害のことを言いますが、生まれたときから一度も勃起をしたことが無い人を除いて精神的なストレスによって症状を発症させてしまう人が非常に多いことがわかっています。特に、社会生活の中で予期せぬストレスや継続的なストレスを過度に受け続けてしまうとそうした影響が身体に目に見える形で現れることになるため被災地などでは特に注意をして監視しなくてはいけません。
ストレスを過剰に受けると、そうしたストレスを軽減するために身体から特殊な物質が放出されます。こうした物質は精神的なバランスを取るために必要なものであることには変わりないのですが、その反面通常ならば起こらない身体の異常を引き起こすことが常なのです。これは勃起だけに限らず、円形脱毛症などの他の部位に関してもそのまま当てはまります。
EDの場合は、ストレスを受け続けると陰茎に勃起を作用させない悪い物質が蓄積することになるため正常にするためにはこの物質を除去しなくてはいけません。EDには、勃起不全を引き起こしている物質を排除して血液の流れを良くする成分が含まれているため短期間とは言え利用すると5時間から10時間の間は勃起をすることができるようになります、薬の進歩によって近年では緩やかの効果を発揮するものも作られており、35時間くらいの効果を維持出来るものもあるのです。
精神的な負担によってEDになっている場合にはこうした薬の継続的な利用によって症状を和らげることが出来るため、まずは問診を受けて状況を把握することから始めましょう。